バックザン工業団地は繁栄の兆しを見えています

バックザン工業団地は繁栄の兆しを見えています

FDI投資の流れが強まってるし、現在 バックザンは6つの工業団地がありと総面積が1500ヘクタール、国内外から多くの大きなプロジェクトを誘致することを約束する卓越した可能性です。

バクザンは、「東北」の経済回廊の中心に位置する省であり、ランソン-ハノイ-バックニン-バックザン-ハイフォン-クアンニンの6つの地域を含み、国内の総重要経済投資の薬40%を占めています。これらのうち、バックザンは投資の流れを誘致することでその主導的な立場を示しています。6月初旬の2020年の社会経済開発の状況に関するバクザン省常任委員会の会議にグェンスアンプック首相は近年のバクザン省の業績を高く評価しています。したがって、2020年の第1四半期に新型コロナウィルス感染症の影響にもかわらずバックザンが7.4%の成長率を達成します。

FDI資本を引き付ける可能性

バックザンは6つ工業団地があり、総面積が1500ヘクタールー例えば:ヴァンチゥン工業団地ヂンチァン工業団地ワンチァウ工業団地、ベトナム‐韓国工業団地ホアプー工業団地です。2020年の目標はバックザンが最大10億USDの総資本で投資を集めています。

投資家を引き付けるためにバックザンは事業投資環境の改善に焦点を当てています。行政改革、企業に州への投資を奨励する政策を実施します。投資家と企業が困難を取り除く、投資や営業をつかえることをサポートし、承認された投資プロジェクトの進捗を家族します。

 ホアプー工業団地

その上、州は常に工場を建設してバクザンに投資したい投資家を最もよくサポートするために重要な地域を作り出し、良い土地基金と良いインフラを準備してきました。ホアプー、クアンチャウ、ヴァントゥルンの工業団地のインフラストラクチャーは、中国から移転する予定としている工場をキャッチするためのペースを加速することに焦点を当てています。

新型コロナウィルス感染症の影響を受けていますが、2020年の最初の5か月でバックザンの総FDI 投資は約5億米ドールで州全体の年間計画のほぼ50%です。したがって、2020年に目標10億米ドールに到達する能力は非常に楽観的です。

バックザンの利点

Bắc Giang

バックザンは投資プロジェクトを引き付けるために交通、インフラの利点があります

ハノイ市の中心部からわずか50分未満、経済開発センターの軸「東-北東」に位置します。バクニン市から15分、高速道路18を介してノイバイ空港に直接接続されているこれらの地域は不動産資本フローを引き付けるのに多くの利点があると評価されています。

有利な地理的位置に加えて(中部地方や山間地からホン川デルタの移行地域にあり、ハノイの首都圏に属し、ランソン‐ハノイ‐ハイフォン‐クアンニン経済回廊に位置しています)、多くの種類の鉄道、道路、川などの便利な交通システムがあります...

FDI資本誘致に成功したことからバックザンの不動産分野は多く企業の存在とともに反映の兆しを見せています...現在、価値地元の不動産は州内外の専門スタッフ、外国の専門家に向かってインフラ開発のための資本流入により地元不動産の価値が高まる。具体的には近隣地域や集中した工業団地です。例え バックザン省都、ビックドン県、タン県…

バクザンの上記の利点は近い将来、この分野の活気のある不動産市場の「約束」になるでしょう。