労働者住宅向け政策の調整と明細化, 新たなベトナムへのFDIを引付け行方

最近、工業不動産の発展につれて、多くの国内外企業は、ベトナムで労働者住宅向けの建設投資を実施している。代表な例を挙げたら、Hong Hai Group(Foxconn)は当局にバックジャン、バックニン、ビンフックなど労働者住宅向けの建設投資を提案した。

具体的には、Foxconnが提案した最初のプロジェクトはフオンリエウ、クエーヴォー、バックニンにあるGolden Parkという自宅である。このプロジェクトの投資家はMTV CONG TRINH KIM XUONG TRI有限責任会社であり、土地利用規模が6.3ヘクタール、投資額は約2兆9,000億ドン(1億258ドル)と計画した。

労働者住宅向け政策の調整と明細化-新たなベトナムへのFDIを引付け行方

Fugiang有限責任会社は投資家として、バックジャン、ベトエン、ヴァントルウンにあるヴァントル会社自宅という二つ目のプロジェクトを実施している。プロジェクトの内容は土地利用規模が16.7ha、総投資額が約3兆4億ドン(150億ドル)。

3つ目は、Phoenix Town公共住宅およびサービス施設プロジェクトである。 このプロジェクトは、ビンフック、ビンズエン工業団地の近くにあるFuchuan 有限責任会社は投資家として、面積が9.9haで、投資額が1兆60万ドン(約5000万米ドル)以上。

Foxconnという子会社が投資した3つの社会住宅向けプロジェクトは、Que Vo工業団地、Van Trung工業団地、Binh Xuyen工業団地である。

しかし、IIP VIETNAMの協力者の判断によると、ベトナムの土地行政手続き、家賃や土地使用料の免除手続きなどまだ不十分であり、多くの国内外投資家に対する困難だった。

IIP VIETNAMは住民住宅向け政策の調整と明細化に関するアドバイス

上記の問題を解決するため、IIP VIETNAMは政府、省庁、支部に住民住宅向け政策に関して、以下のことを検討するようにお願いした。

-社会自宅および労働者自宅向け開発を促進するため、土地利用免税制度に関する手続きや書類などを含み、明細が必要である。

-工業団地の中にある投資家製造企業が、労働者の代表として、労働者向けの社宅を借りたり、購入したりすることを提案した。

-政令123/2017 / ND-CPの改正規則には、土地の割り当て日から20日以内に、企業は社宅を購入した土地優待投資付従業員リストが必要である。

IIP VIETNAMの専門家の意見として、政府が上記の提案した事項の調整を受け入れた場合、Foxconnだけでなく、多くの外国人投資家、工業団地の投資家、又は多くの国内投資家が労働者向けの住宅に投資するのは、ベトナムへのFDI引付け競争の利点になるだろう。

協力情報相談窓口・お問合せ

本社:7階、ラッキービル、81 チャンタイトン、カウジャイ、ハノイ、ベトナム

連絡先:1900888858

メール:info@iipvietnam.com

ウェッブサイト: http://iipvietnam.com/

google-site-verification=-RzHIPOhaFY6_FeKLVsqs9hjkWLNhQEE837LTRjdFDA Chat qua zalo