フンイエン省は総面積が567ヘクタールの3つの工業団地を企画に追加

首相は2020年までベトナムの工業団地開発企画に2020年までにフンイエン省の3つの工業団地企画を補足することに合意しました。

具体的には、2020年までにベトナム工業団地開発企画で3つの工業団地を補足するのはクリーン工業団地(面積規模が143,08ヘクタール、コアイチァウ・ホンティエンに位置とアンティ・スアンチゥクに位置)、3番工業団地(面積規模が159,71ヘクタール、コアイチァウ・ホンティエンに位置とイエンミ・リトゥオンキヱトに位置、アンティ・スアンチゥクに位置)と1番工業団地(面積規模が263,85ヘクタール、イエンミ・タンベトとリトゥオンキヱトに位置、アンティ・スアンチゥクに位置)を含みます。

2020年までにフンイエン省の工業団地開発企画の工業団地は承認されるオフィシャルディスパッチで2016年6月17日付のNo. 1308 / TTg-KTNおよび2017年8月11日のNo. 1181 / TTg-CNと首相のNo. 1199 / TTg-CNの2018年9月12日は変更されませんでした。

Ảnh minh họa

首相はフンイエン省人民委員会に内陸通関基地の区域(147.4ヘクタール)とサービス都市部の土地(456.9ヘクタールの区域)をフンイエン省の工業地帯開発計画を提案された補足から分離するよう要請しました。港湾土地と都市の土地とサービスに関する現行法を順守すします。 工業団地の追加計画のために面積規模と提案された場所の正確性について包括的な責任を負います。 計画法および関連法に従って、工業地帯計画の追加コンテンツを州計画に統合します。 計画の実施中に紛争や訴訟を起こさないようにします。

フンイエン省人民委員会は2018年4月17日の決議第27号/ NQ-CPで政府により承認された基準に従って土地利用目的を転換し、土地法第58条の規定の遵守を確保し 、米の耕作地の管理と使用に関する政府の2015年4月13日付の政令No. 35/2015 / ND-CP、2019年7月11日付の政令No. 62/2019 / ND-CP 法令No. 35/2015 / ND-CPおよび関連する法律の条項の多くの条項を修正および補足します。 土地法第134条により、転換後の稲作地を補うために、土地面積を補ったり、他の水田の効率を上げる計画があります。

同時に工業団地の労働者のための労働者住宅、社会建設、スポーツおよび文化的作業を伴う工業団地の計画と開発を同期的に実施する; 工業団地の活動に役立つ、フェンスの外の技術的および社会的インフラの供給を確保します。 主要道路(高速道路、国道)に沿って位置する既存の工業団地の安全な廊下を確保するための計画を立てます。 工業団地につながる道路を拡張する場合、工業地帯をサポートするための省のインフラを開発する計画があります。

さらに、インフラ投資をスピードアップし、残りの完全にリースされていない工業用地のプロジェクトを誘致します。 法に規定された手順の実施の具体的な進捗状況を報告するよう、ベトナムのインフラ開発金融投資公社に、リトゥオンキエト工業団地(300ヘクタール)とタンダン工業団地(200 ha)運用開始します。

フンイエン省人民委員会は工業団地の投資を誘致するためのオリエンテーションを設定し、工業団地における生産リンクの開発と強化のための有利な条件を確保します。 工業団地の建設を予定通りに展開し、土地資源を効果的に使用し、地域の工業団地の開発計画の実現可能性を確保します。 工業団地を建設するために土地が回復した世帯の補償、支援、再定住の計画を策定し、工業団地の配備の速度との適合性を確保し、 土地取得の対象となる労働者のための訓練を展開し、新しい雇用を創出します。 工業団地の労働者の生活と労働条件を確保するための労働者のインフラと社会福祉施設の建設を加速します。

google-site-verification=-RzHIPOhaFY6_FeKLVsqs9hjkWLNhQEE837LTRjdFDA Chat qua zalo