中国からの移動したFDI を歓迎していますが、どのような結果になったら、成功といえますか

  1. 最近、中国から第三国に移動した資本の傾向について、どう評価しますか

中国は投資家にとって、非常に魅力的な市場です。 2019年、中国は1,400億ドルのFDI誘致で、世界の先頭に立ちましたが。国から全ての資本を引き出すことができないと確信しました。米国、日本、およびヨーロッパの政府は、企業に対して、中国への本の撤退を奨励し、さらに強制しても、せいぜい10%のみが返還されます。

14億人の市場や世界で2番目のGDP、ハイテク、豊富な人材など、何をとっても、多くの企業は中国に固執するでしょう。 企業の利益は政府の利益とは異なります。 企業は、どちらの利益が高い場所により投資します。ベトナムもそれに関して関心を寄せる必要がある。

中国から移転した企業はどこへ行くのですか? この波を受けられる第三国についてはインド、インドネシア、ベトナムなどの名前を挙げています。中国企業に投資している資本が最高約3〜5%です。しかし、中国に投資している資本金は20億ドル以上で、3-5は約1000億ドルになります。そう言うと、5%なら、十分だと思います。

 企業の利益は政府の利益とは異なります。 企業は、どちらの利益が高い場所により投資します.

  1. ベトナムは中国から移動した資本を受け入れる競争において、どのような利点を持っていると存じますか?

治安、経済、友好的な投資環境などの利点について、言及した以外に、新型コロナウイルスの封じ込めに成功していることで、ベトナムは 2つの新たな利点を示しました。

1つ目は、世界的な危機に対する政府の対応能力です。

2つ目は、危機が発生した場合の経済とビジネスコミュニティの回復力です。 2020年の第1期に、多くの国の推移率がマイナスになりましたが、ベトナムは3.82%の推移率を表しました。

その結果、現在ベトナムは投資家にとって魅力的な土地であることを明らかにしました。例えば、Appleが世界市場向けの30%ワイヤレスヘッドフォン製造のため、ベトナムを選択することが発表されました。パナソニックも9月にタイから工場をベトナムに移転する予定です。

我々が受け取った最新の情報によると、他の国から工場を移転するために、省や地方に約220億ドルの金額が協議されました。

  1. このFDIを引き付ける競争には、どちらのライバルにベトナムが注意する必要がありますか?

この競争の中には、私たちだけではないです。 その代わり、他国の競争は激しいです。 現在注目すべき2つの強いライバルがいます。

1つ目の国はインドです。 ナレンドラモディ首相は、中国から1,000社の大企業を誘致する戦略を提案しました。 彼らは土地や優待など準備ができて、ユニットに具体的に依頼しています。

2つ目の国はインドネシアです。 この国の人口はベトナムの3倍、GDPの4倍であり、ASEANで最大の国として、FDIの誘致を行っています。ジョコウィドド大統領は、4,000ヘクタールの土地を工場の移転用に準備しました。

したがって、これらの潜在的な国々と競争するために、ベトナムの一番重要な要素はもっと魅力的になるため、行政と投資環境を改革し続ける事だと思います。

  1. 自分から見ると、FDIを誘致する時、ベトナムの最大のひと結びは何だと思いますか?

一つの逆説は、ベトナムへのヨーロッパとアメリカの投資が非常に謙虚です。 ベトナムにある米国企業の登録FDI資本は現在わずか110億ドル(実施資本は60〜70億ドル)ですが、ベトナムへの韓国投資は650億ドル、日本は560億ドルです。

現在まで、米国は4兆ドルを海外に投資しています。ですから、ベトナムの数字は非常に少ないです。 ヨーロッパからの資本も同じことと言えます。 ベトナムに投資しているヨーロッパの27国はわずか260億ドルでした。

ベトナムがこれらの投資家の要件を満たしていないという理由です。適切な文化的 、特に関係思考で、アジアからの資本だけふさわしいと思います。つまり、関係は行政手続きを含み、多くのことが解決できます

その理由として、日本がバクニン税務所への賄賂の疑いがある日系企業を調査した情報が出てました。

ヨーロッパとアメリカ企業のやり方は違います。彼らは具体的で、公開、明白、厳格な執行機関を必要としています。 また、労働安全、環境保護、知的財産などの問題に対する要求も高いです。

今後の欧米資本を引き付けるため、様々な対策を考えるべきです。

ベトナムは欧米投資家の要件を満たしていません

  1. では、今後のFDIを引き付ける対策は何でしょうか?

大きな投資家を引き付けるためには、本当に魅力的な利点を出す必要があります。 たとえば、工業団地のレンタル料は、中国より魅力的でなければなりません。現在ベトナムの価格は、北京、上海の価格の40%に相当しています。 今後、価格が上昇する場合も、このメリットをどのように高めるかを計算する必要があります。 これは重要なポイントです。

一方、移転した企業は多くの労働人口を要求します。 ベトナムは何千何百万人の労働者を修業する問題を解決する必要があります。 この人材は、高い生産性および中程度の給与という2つの要素を守る必要があります。

サムスンはベトナム人の労働生産性は韓国人の労働生産性と同等であると判断していますが、給与は40%に過ぎません。 したがって、60%の利点があります。 将来の給与アップ程度は、労働者と投資家の利益を守るのに必要です。

促進する必要な3つの対策があります:

1つ目は、石油や保険、銀行などの特別な分野を除き、政府が人民委員会に外国投資家の営業登録免許を査定する権勢を引き継いだ理由として、参謀支部能力を向上させることが必要です。

2つ目は、具体的に投資を促進することであり、以前の大量で対処するだけではなく、詳細な場所が必要です。 たとえば、将来のホーチミンの東側都市、関心を寄せる欧米の大企業を探し、交渉して最後の結果を出すまでです。 必要がある人とあなたが人を必要とする人を見つけることのイニシアチブをとります。

最後に、もっと改革、もっと統一する必要があります。

  1. ベトナムに投資した他のFDI企業はVAFIEにどんな意見がありますか。

VAFIEでは、FDI企業だけでなく、外国の投資団体や潜在的な投資家の情報も受け取ります。

基本的に、行政改革に関して、2016年から現在までのベトナム政府の制度を強く信じています。 政府と投資家はまだ不満な点を持っていますが、高く評価するはずです。

一方、上記のように、新型コロナウイルスの封じ込めに成功したおかげで、投資家の信頼は強固なものとなりました。

協会の大部分は、ベトナムに投資したFDI企業の半分以上が製造企業拡大を望んでいると述べました。多くの企業は4月から経済が再稼働した時、新プロジェクトについて関係者と連絡しました。

たとえば、6月初旬、米国のエクソンモービルグループは、ハイフォンとロンアンで一連のLNG電気プロジェクトに投資するのを公言しました。

  1. サムスンなどの大規模なFDI企業に対して、ベトナムの最初の利点がなくなったときに、どうしたら他国への移転がありませんか。

サムスンは現在、移転したくないでしょう。 恐れているのは、ベトナムがサムスンの滞在を許可しないことです。 多くの人は、FDI企業が国内企業を輸出と産業に絞り込んでいると思っています。 そのため、国内企業が成長すれば、外国企業が移転しなければならないという懸念があります。

サムスンは長期間で、ベトナム企業になりたいと述べていました。さらに、サムスンはベトナム企業を提案しました。

実際は労働者を失うのを心配しているということです。 たとえば、サムスン開発研究センターに1,650人いる従業員の中に、多くの従業員は、2倍の給与と優待対策で、Viettel、Vingroupへ転職しました。

サムスン開発研究センターに1,650人いる従業員の中に、多くの従業員は、2倍の給与と優待対策で、Viettel、Vingroupへ転職しました。

  1. FDI企業は国内企業の波と激しい競争になると思いますか。

それは当たり前なことです。

ただし、ベトナムはFDIを強く引き付ける必要があります。特に、海外のフォーブスに入っている500社の企業です。 私たちはベトナムに投資企業だけではなく、他の国にある本部をここに移動することを期待しています。ベトナムにそのような本部ができたら、我々は成功すると言えます。

協力情報相談窓口・お問合せ

本社:7階、ラッキービル、81 チャンタイトン、カウジャイ、ハノイ、ベトナム

連絡先:1900888858

メール:info@iipvietnam.com

ウェッブサイト: http://iipvietnam.com/

ファンページ:https://www.facebook.com/iipvietnam

google-site-verification=-RzHIPOhaFY6_FeKLVsqs9hjkWLNhQEE837LTRjdFDA Chat qua zalo