ベトナムがグローバルサプライチェーンに参加

2020年上半期の投資誘致状況はベトナムの工業不動産市場の魅力を示しています。大企業はベトナムに工場を移転しただけでなく、移転の準備も計画しています。

Foxconn dự tính mở rộng nhà máy sản xuất ở Việt Nam

ベトナムは大企業誘致

Truong Hoa Binh副首相と Techonic Industriesグループ(TTI)の Nate Easter副社長で2021年の第3四半期に完成するよていのホーチミン市ハイテク工業団地(SHTP)の無線電機機器工場です。このプロジェクトは昨年末から実際に6憶5000マン米ドルの投資で投資証明書が付与され、積極的に実施されています。

新しい工場とビンズオンでTTI が建設投資した工場に加えてTTIは研究開発センター(R&D)の建設も計画しており、情報技術と製造技術の分野で約2,000人のエンジニアと研究専門家を誘致する計画です。

同時に、ベトナムのハイテク産業発展に貢献し、同行したいというTTIは国内サプライチェーンの開発にも力を注ぎます。ネイトイースター氏はTruongHoaBinh副首相と情報を共有し、TTIは今後2年間で180〜200のベトナム企業をTTIのサプライヤーに誘致し、約2、50億ドル/年の国内供給率は2020年には60%、2021年には80%に達します。

大量の資本を投資するだけでなく、TTIの投資計画はより重要であり、ベトナムの期間に外国直接投資(FDI)を誘致する上で3つの重要な目標をすべて達成:ハイテクプロジェクト とR&Dの投資とベトナム企業をグローバルサプライチェーンにつなげます。

したがって、これはベトナムのFDI魅力の良い兆候です。 多くはありませんが、それは証明されていますが、質の高い投資資金はベトナム市場を選択しています。

同様に、クアルコムグループはハノイに新しいオフィスと新しいラボシステムを開設しました。これには、デザインとキャリブレーションの評価をサポートするRFラボが含み、PPTラボでは、電力消費、パフォーマンス、および温度テストを実行し、カメラサービスラボでは、カメラ調整と基本的な画質確認サービスを提供しています。東南アジアでクアルコムの最初の研究開発施設です。

エクソンモービルグループは、ハイフォンとロンアンの2つの大規模ガス発電プロジェクトに投資することを発表しました。ハイフォンのプラント規模は最大で40億米ドル、容量は4,000 MWです。 エクソンモービルは、これらのプロジェクトの投資に関する最終決定を行うために、年の最初の数か月にベトナムに来ると予想されています。 しかし、新型コロナウィルの流行の影響はこの計画を取り戻しました。 しかし、グループに直接投資するのではなく、すぐにベトナムへの投資を決定する考え、計画についてグエン・スアンプック首相と電話で話すことを選択しました。そして、ベトナム政府の首脳は、ベトナムのガス発電所のチェーンに投資するというエクソンモービルの計画を大いに歓迎しました。

新しい投資家を歓迎するための取り組み

TIに加えて、エクソンモービル、グーグル、マイクロソフト、サムスン、LG、ペガトロン...も計画されており、ベトナムに投資を実行し始めています。

Apple製品の最大のメーカーであるFoxconnもベトナムでの生産拡大を計画していると言われています。 Foxconn グループの会長であるYoung Liuは外国メディアに、過去2年間で、Foxconnが製造事業の一部を中国から移転し、ほとんどの移動が台湾、インド、ベトナムに移ったと述べました。 特に、Foxconnは、2018〜2019年にインドに3億7,100万米ドル以上、ベトナムに2億300万米ドル以上を投資しています。

Young Liu氏によれば、ベトナムは現在、東南アジアで最大の製造拠点であり、インドよりもさらに大きな生産能力を持っています。 近い将来、GoogleのPixel 5を含む、ベトナムのFoxconnが製造する多くの製品が登場します。

「ベトナムは、世界から高く評価されている効果的な対策により、新型コロナウィルスを管理してきました。この成功により、ベトナムの投資と国際貿易のための安全で信頼できる投資環境が生まれます」首相とエクソンモービルグループのグローバルプレジデントであるイルティザサイード氏の対話を述べた。

しかし、新型コロナウィルスの「戦い」の成功は、ベトナムの強力な投資を刺激する要因にすぎませんでした。 主な理由は、経済学者のCan Van Lucが指摘している。米国と中国の間の貿易および技術戦争のリスクを回避したい企業です。 中国はFDI誘致の利点を失いつつあるため、生産チェーンの多様化を継続したい。 潜在的な市場からの新しい機会を利用するために、多くの政府はサプライチェーンをシフトしたいと考えています。新型コロナウィルスの影響は企業に生産チェーンの再編成を望んでいます。

しかし、Can Van Luc氏はこの移動することを引き付けるために、良好な疾病管理に加えて、ベトナムは投資資本を引き付けるための政策をすぐに策定し、発表する必要があります。 投資を誘致するための優先順位と地域の優先順位です。 準備された土地基金、準備の整ったインフラストラクチャー...さらに、投資プロセスと手続きの合理化 スキルの高い人材を育成するためのポリシーとサポートパッケージを採用し、政府のリーダー、省庁、支部、および大規模な投資家との直接の会議を増やして、ニーズを理解し、問題を迅速に解決します。

Can Van Luc氏はベトナムでのFDI誘致に関する特別作業グループを効果的に運営する必要があることも推奨しています。 このタスクフォースは首相によって設立されたばかりです。