日本企業がベトナムを評価:2020年に最も有望な投資先

日本はこれまでベトナムの主要な外国人投資家です。特に、トヨタ、ホンダ、パナソニック、キヤノン、富士ゼロックス、住友などの大規模な一連の大規模な工場プロジェクトにより、ベトナム経済に投資しています...

2019年外国投資は引き続ベトナム経済のハイライトであり、総投資資本は380億米ドールあめりかどるで、初めて実行額は204億米ドールあめりかどるに達しました。特に、日本はベトナムへの外国直接投資家のリストで2番目にランクされており、投資プロジェクトの数は4,385で、登録資本金は59,333.86百万ドールです。多くの日本企業、特にトヨタ、ホンダ、パナソニック、キヤノン、住友もなどの大企業がベトナム経済に投資しています...

doanh nghiep nhat ban danh gia ve viet nam diem dau tu hua hen nhat nam 2020

日本の投資は大きなプロジェクトで徐々に拡大しています

工業だけでなく、日本の投資家はイオン、ユニクロなどの小売セクターの大企業とともに、小売、金融-銀行、食品などの他の分野にも投資しています。みずほは Vietcombankの株式を購入し、三井住友銀行はEximbankの株式を保有しています...これは、日本の経済がベトナム経済において徐々に拡大し、ますます深い存在感を示している。

NNAJapanが実施した調査によると、ベトナムは日本企業によって2020年にアジアで最も有望な投資先、東南アジアの他の国々およびインドを上回って投票されました。

2020年にベトナム政府は投資とビジネス環境のレベルを10上げることを目標に国家競争力の向上、投資とビジネスモデルの刷新に関心を持っています。したがって、政府は今後10年間の開発戦略の策定に参加するとともに、政府が国会に投資法と企業法の改正案を提出して、政治局の決議No.50-NQ/TWを制度化しました。外国から投資された経済セクターはベトナム経済の重要な要素であり、長期的かつ適切な開発を奨励および促進しました。他の経済セクターとの協力と健全な競争国家は、投資家の合法的および合法的な権利と利益を尊重し、保護します。企業の国家、投資家、従業員の利益の調和を確保する...

最近の日ベトナム経済・観光・労働フォーラムで、フォン・ディン・フエ副首相はベトナムが投資家にとって好ましい条件を作り出用意があることを強調し、日本のビジネスをしています。特に、ベトナム政府は日本が主要な投資家であるだけでなく、ベトナムで最高の投資家であることを望んでいます。つまり、ベトナムはメコン地域に位置しているし、交通インフラ、エネルギー、ソフトな制度的インフラストラクチャ、貿易円滑化、投資、デジタルコネクティビティと連携した人的コネクティビティ。これらはまた、今後2か国を結ぶ3つの焦点でもあります。

日本貿易振興機構(ジェトロ)のレポートによると2019年のベトナムの投資の日系企業の割合は66%;64%の企業がベトナムで事業拡大を計画していると回答しました。