利点を変えることでベトナムは競争力を向上させる

新型コロナウィルス感染症の勢いと米・中貿易戦争の影響ので一連企業は営業と生産活動を確保するために中国から生産工場を移転する計画があります。国際および国内の専門家はFDI資本が中国から遠ざかっており、インド、ベトナム、インドネシア、またはその他の国に入る可能性があるという見解を共有しました。

世界で多国籍企業(MNCs)が投資先を決定する理由を説明する多くの理論があります。The Dunning(1981), 多国籍企業は動きに向かってOLIモデルを評価し、イニシアチブと変化に向かってFDI資本流の変化を考慮するということです。

例えば、企業は消費先を選択することで、現在の市場の可能性(GDP、平均GDP、人口、平均成長率)を評価するだけでなく、その場所の未来と現在の市場の成長の可能性も考慮します。 または、資本受領市場の将来の人件費が増加している場合、市場がコスト優位性を失い、企業の再投資の決定に影響を与えます。 または、増加する資本を受け取っている国民労働力の平均賃金は、現在は許容可能ですが、非生産的な生産性は将来の投資家にとって有害で​​す。

2019年の終わり以降、インドへのFDIは継続的に増加しており、新型コロナウィルスを扱っている期間でさえ、インドは2019年に499.7億米ドルと過去最高のFDIを引き付けています。 2018(インド通商産業省-DPIIT、2020)。 DPIITの統計によると、2020年の最初の3か月で、インドは132億米ドルに誘致し、2019年の同時期(108.7億米ドル)を21.76%上回っています。

ベトナムに対して2019年に過去最高のFDIを引き付けました。2020年、新型コロナウィル感染症の影響のでベトナムにFDI資本を減少している。2020年5月20日から外国投資庁(計画投資省)のデータによると、海外投資家の新たに登録、調整、寄付された資本の合計は138,9億米ドルで、2019年の同時期と比較して83%に相当します。2020年1月ベトナムは53億米ドルを獲得し、2月に11億4000万米ドル、3月に20,8億米ドル、4月が37,8米ドル、5月が15,6憶米ドルを獲得しました。

中国からベトナムにFDI資本流を獲得する戦略

この質問への答えはベトナムがFDIを引き付けるために必要な戦略であり、またはベトナムが静的な利点だけでなく、動的競争上の利点を促進および改善する必要があるかどうかです (天然資源、安い価格、平均的な品質、地理的な場所などの豊富な労働力など)。

ベトナムがすべきことは継続的なトレーニング、労働の質の向上、技術インフラストラクチャ、情報インフラストラクチャ、社会インフラストラクチャおよびlogisticsインフラストラクチャの改善します。したがって、政策立案者による動的または柔軟な政策が必要です。

どの国でも投資オプションを決定するには投資家は常に市場調査を実施し、最も包括的な方法を評価する必要があります。 しかし、この評価は当面のことだけでなく、将来の開発の可能性にも基づいて行われます。 将来の長期的な投資家戦略を確実に満たすために、開発旅行の指標が肯定的な国は投資の際に推奨される選択肢です。 ベトナムは投資家にとってそうすることが理想的な目的地になると信じています。