工場を移動する場所になるためにベトナムがすべきこと

2020年最初の数か月、新型コロナウィルス感染症の流行は世界経済に対して大きな影響しています。経済予測によって、多く国は成長率はマイナスです。ベトナムは新型コロナウィルス感染防止を確保した上で、多くの外国人投資家や主要なグローバル経済グループの注目を集めています。一連問題が起こります。

移動するFDI資本が実にありますか

米・中貿易戦争を行う時、FDI資本を移動したことがありますが、中国から移動することを考えており、統計はそれを書き込ません。

ベトナム以外は最大13億の人口の利点を持つインドのような外国の投資家を引き付けるためのオプションもあります。 質の高い労働力。 インドネシアにも市場の優位性があり、魅力的な道筋があります。

工場を移転することは簡単ではないので2020年に中国から資本流行がすぐに移動されません。企業はベトナムに移転する予定があれば、備えることは必要があります。

したがって、FDIの動きが起こっていますが、この流れを引き付けるためにベトナムは投資家がこれが良い場所を置くのに最適な場所であることを理解するための最適なソリューションを提供する必要があります。

ベトナムはグローバルサプライチェーンの動きからFDI資本を引き付けることができますか

ベトナムとして新型コロナウィルス感染防止を早く確保しました。FDI企業もベトナムは高い抵抗力を持つ安定した経済です。そして、今までベトナムの労働力を良い改善しています。

新型コロナウィルスは私達に人々全体を動員することについてのレッスンを与えました。 外国投資には密接な方向性が必要です。 責任者は抗流行コロナウィルスのような特定の仕事を割り当てる必要があります。 外国投資の役割を理解するために、政治システム全体のコンセンサスを作成します。

外国人投資家にとってアジアの日本、香港、韓国の投資家とアセアン諸国からの投資家、中国からの投資家、そして 最近ではインドです。 現在、私たちは彼らを知っており、ビジネスを行う方法を知っています。 そして、双方はお互いを理解しています。

最近、中国からの移転を計画している企業の67%で、42%がベトナムに移転を計画していることが重要な情報となっています。政治省の決議50によると、現代のテクノロジー、人工知能のような将来のテクノロジー、ビッグデータやフィンテック、ロボットなどの投資が必要です。ヨーロッパとアメリカに到達する必要があります。 そして、それは私たちが行っていない現在の欠点です。

工場を移動する場所になるためにベトナムがすべきこと

外国投資の事業登録証明書の評価と発行については、石油・ガス、銀行保険などの分野を除き、首相と専門機関が決定する。 残りの省および市の人民委員会、工業団地の管理委員会、および輸出加工区が決定するものとします。 したがって、最も重要な方策は省庁や省庁を含む諮問部署と管理委員会の能力を向上させ、投資家と投資家を選択する方法について経営陣に助言することです。 新しい方向性に沿った投資プロジェクトは外国投資に関する政治局の決議50に明確に述べられていました。

現在の問題はホーチミン市やハノイなどの一般的な投資促進を避け、直接投資促進を行うことです。 今後は、電子政府、スマートシティを構築することです。 または、ホーチミン市のように、都市の中の都市と呼ばれる都市部を建設する必要があります。 明らかに、人々と話し合うためにホーチミン市に興味を持っているヨーロッパとアメリカの大企業と投資家がいるに違いありません。 時間はかかりますが、最終的な結果に至るまでには交渉が必要です。 これは完全に新しい方法です。 以前に大規模投資を推進していた場合は、現在は対処可能な投資促進です。人々は私たちを必要とし、私たちは人々を必要としています。 双方が出会います。

外国投資だけでなく、観光だけでなく、経済全体にとっても重要です。特に、2021年から2030年の経済発展戦略について議論するために、第13回党大会を開催しようとしています。つまり、2021年から2025年の5年間計画は、多くの経済学者と首相の最も重要な要素であり、暖かさと寒さの状況を回避するために、より迅速かつより同期的に改革する必要があることを強調しました。暖かく冷たい場所は避けてください。非常に熱狂的な国家元首を避けますが、公務員は平和です。したがって、装置全体が動き、公務員全体が動き、ビジネスチーム全体が動き、労働者がこの改革に積極的に参加する必要があります。成功することができます。