海外投資家に魅力的なベトナム工業団地

TGVN― ベトナム工業不動産イベントは6月19日にハノイで開催される。 このイベントは、2020年から2022年の期間に投資家がベトナムの工業不動産市場の良い機会を掴むため、工業団地に関する情報交換、対策の取り組みなどを行う場所である。

2020年始め、新型コロナウイルスに大きく影響されたが、工業不動産市場は相変わらずに人気であり、特に海外投資家に対して明るく魅力的なセグメンテーションおよびオプションと見なされた。

ベトナム不動産協会の会長、組織委員会の共同議長のグエン・トラン・ナム氏は、「ベトナム工業不動産は、海外投資家に対して、強く成長している。 全ての短期、中期、長期で、セグメンテーション強化になる」と述べていた。

TGVN― ベトナム工業不動産イベントは6月19日にハノイで開催される。 このイベントは、2020年から2022年の期間に投資家がベトナムの工業不動産市場の良い機会を掴むため、工業団地に関する情報交換、対策の取り組みなどという場所である。

専門家によると、3つの主な要因はベトナムに大きな機会をもたらし、工業不動産に良い機会のドアを開く。

一つ目は、2020年7月にEUとベトナムの自由貿易協定(EVFTA)の効力が発生し、ヨーロッパの投資家だけでなく、他国投資家に対しても魅力的な市場になると予想された。

二つ目は、Covid-19の影響で、中国から移転した多くの多国籍企業は思ったより撤退計画が早く実施され、基準的に14億人の市場を維持している。 また、地理的に中国と近隣の利点として、ベトナムは簡単に選択できる。

三つ目は、国際共同体から新型コロナウイルスの封じ込めに成功していることと高く評価されており、ベトナムへの海外資金引付けとして、重要な力である。

そのため、コロナウイルスが大きく影響されたがベトナムでは今年始めから工業団地レンタルの要求率が相変わらずに高かった。

6月19日にベトナム工業不動産イベントに参加する場合、企業および投資家は、投資家募集中の全国にある土地利用している1,000以上のプロジェクトの情報を入手したり、連絡を取ったりする機会、工業団地および地方の投資進出相談、経済専門家による詳細な分析と市場予測などに接する事ができる。

このイベントはまた、市場発展を促進する動力を生み出すため、多くの組織、地方、企業、投資家が同行する。コロナ時代後にベトナム経済再発展に貢献すると期待した。

2020年3月末までに、経済地帯管理省(計画投資省)の報告によると、国内には335の工業団地があり、その中に260の工業団地が移転し、 75工業団地が建設中である。

現在、外国直接投資(FDI)を地域へと引き付ける8つの要因は次の通りである。

(1)国家の政治環境と地域の安全。

(2)ベトナムまたは地域の地理的位置

(3)各貿易協定

(4)工業団地と地域のインフラ。

(5)地方の人材(ベトナムの生産年齢人口は約9630万人である)。

(6)投資環境と地方公共サービスの質。

(7)地域結合

(8)地域威信

 

協力情報相談窓口・お問合せ

本社:7階、ラッキービル、81 チャンタイトン、カウジャイ、ハノイ、ベトナム

連絡先:1900888858

メール:info@iipvietnam.com

ウェッブサイト: http://iipvietnam.com/

ファンページ:https://www.facebook.com/iipvietnam