ビンディン市は三菱自動車がベカメックス工業団地の土地にベトナムで2番目の工場を建設することを期待しています。

ズンさんあはビンディン省人民委員会の指導者と三菱自動車ベトナムグループの総支配人である堀之内兼一さんとの最近の会議で、このグループのリーダーはベトナムの自動車の工場を設置する場所を見つける期待する。

Dự án Khu công nghiệp Becamex - Bình Định đang được

堀之内兼一さんはビンディンに深海港と優れた交通インフラの利点があるため、工場を建設する場所を選択する際の最優先事項であると述べました。

堀之内兼一さんは「ビンディンは三菱自動車が自動車組立工場の投資協力の機会を模索する場所の1つである、関連するインフラストラクチャーと経済ゾーンと工業団地の調和について強いポイントを持っている」と述べました。

この会議で省人民委員会のホ・クオク・ズん会長は三菱自動車株式会社が地域に投資すること特にBecamexビンディン工業団地に自動車組立工場を建設することの希望を表明しました。

Tổng giám đốc Tập đoàn Mitsubishi Motors Việt Nam xác định Bình Định là ưu tiên hàng đầu trong lựa chọn địa điểm xây dựng nhà máy sản xuất ô tô thứ 2 tại Việt Nam

ビンディン人民委員会の委員長は企業がBecamex工業団地に自動車組立工場を建設する際に、三菱自動車ベトナムグループにとって魅力的なメカニズムと政策があることを約束しました。「ビンディンがきれいな地面を持ち、改革された行政手続きを持っいるという事実はグループが現在の自動車生産プロジェクトを展開するための最も有利な条件となるだろう」と述べました。

ビンディンは完全な技術インフラを備えた中部ち地域の重要な経済地域です。現在クイニョン港は中央ハイランド地域、ラオス、カンボジア北東部、およびその他の地域の最も便利な国際貿易のゲートウェイです。その上うえ、この地方には完全な経済システム、輸送インフラがあります。

州には6つの工業団地があり、そのうち最大のものはNhonHoi経済特区であり、面積は14,000haを超えており、生産や事業活動で多くの日本の投資家を魅了しています。

ベトナムでの第2自動車工場について、ベトナムへの旅行の早い時期(2018年初頭)に、三菱自動車グループ副社長の白地浩三さんとウォン・ディン・フエ副首相はベトナムに第2自動車工場を建設する計画について話し合う会談しました。

白地浩三さんはベトナムは最も重要な生産地域の1つであり、若くて熟練した労働力に有利なグループの東南アジアにおける潜在的な市場であると述べました。

白地浩三さんは「現在、三菱自動車はベトナムに第2の自動車工場を建設するのに適した場所を探しています。総投資額は約2億5000万米ドールで、予想生産能力は3万台から5万台/年です」と語りました。

ビンディンの側にあるベカメックス工業団地は政府からベカメックスビンディン工業団地の建設およびインフラ事業の投資が承認されています。このプロジェクトの総投資額は約3兆3330億VNDです。ビンディン省人民委員会は政府から補償、サイトのクリアランス、土地のリースを行うために割り当てられています...;地方の機能機関と投資家に指示された工業団地の実施手順を準備して実施するよう指示する。

約1,000haの工業用地面積に加えて、Becamexビンディンは都市、サービスおよび公共事業のために400ha以上を持っています。

google-site-verification=-RzHIPOhaFY6_FeKLVsqs9hjkWLNhQEE837LTRjdFDA Chat qua zalo