IIPVIETNAMは繊維産業界のための独立した工業団地の建設を提案

IIPVIETNAMは繊維産業界のための独立した工業団地の建設を提案しました-ベトナム経済の突破を改善するための新しい方向性

貿易協定からの機会:繊維産業突破

最近、ベトナムは一連の新世代自由貿易協定(FTA)を署名しました。そのうちは環太平洋パートナーシップに関する先進的かつ包括的な協定(CPTPP)とEUベトナム自由貿易協定(EVFTA)です。

2つ協定を履行することでベトナムの繊維産業はCPTPP とEVFTA の市場に輸出拡大機会があります。繊維産業でさえもっとも利益を上げると決意しています。例えば、EVFTAに対してこの協定が発効した後EUに輸入、関税線の約42.5%の0%に削減されます。残りは5~7年に減少します。このような税率はベトナムがEU 市場に進出する機会です。

しかし、CPTPPとEVFTAの両方でこの製品の原産地規則は非常に厳しいことが課題です。原材料げんざいりょうおよび布地ぬのじがCPTPP、EVFTA加盟国から製造ない場合、優遇税率はありません。一方、ベトナムは依然として中国からの原材料に大きく依存しています。

ベトナムは優遇税率を享受するために、繊維生産のための投入資材において積極的にならざるを得えません。しかし、不十分な点は環境汚染の懸念のために地方がこの分野の投資プロジェクトを喜んで受け入れないという事実にあります。したがって、不足している資料はまだ不足しています。そしてそれはまた、ベトナムが優遇税率を享受するために原産地規則を満たすのが難しいことを意味します。

IIPVIETNAMは繊維産業界のための独立した工業団地の建設を提案


IIPVIETNAMは投資促進する使命を持っており、これまで、そしてこれからも世界中の多の投資家とつながり、繊維産業分野の世界の大規模投資家を含むベトナムに投資します。しかし、環境汚染として提起された問題としてIIPVIETNAMが外国投資家が投資するための専門工業団地の設立を提案したとき、一連の地域は恐れおそれ、興味がありませんでした。

実際、IIPVIETNAMの情報によればCPTPPの市場機会を捉えるために特にこの協定の時に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と呼ばれる米国の参加がまだあります。多くの国内外投資家がベトナムでの繊維工業団地の建設と大規模プロジェクトの実施に投資してきました。

その例はハイハ工業団地(クアンニン)にファイバープラント工業と鉱業プロジェクトを実施したTexhongグループ(香港)です。さらに、他のプロジェクトもあり、例えばナムサック工業団地とライビュー工業団地にPacific Crystal紡績投資、クアンガイに繊維工場プロジェクト、バリアーヴンタウにベトナムEclat Fabricなどです。

現在、PhoNoi繊維業界工業団地(フンイエン)は繊維業界フロジェクトに焦点を当てるために2006年に正式に設立されました。さらに、首相はフォンディヱン工業団地(トゥあティエンフエ)の繊維業界をサポートする工業団地を建設する方針に合意しました。

また、繊維工業団地開発の全体計画はないものの、ランドン工業団地や宝から工業団地など、繊維業界プロジェクトを誘致する工業団地が数多く形成されています。ミン(ナムディン)、タムタン工業団地(クアンナム)、ビンアン工業団地(ビンズオン)...

しかし、これらはまだ自発的に開発された工業団地です。計画投資省によると実情に近い状態を確保するために開発を避け、ある程度、繊維産業を支える産業プロジェクトを展開するためのニーズを把握はあくし、解決策を講じる必要がある。これらのプロジェクトは最新のテクノロジーを備え、環境を確保する必要があります。

IIPVIETNAMによればテキスタイル、フットウェア、および化学産業の別々の工業団地の設立を試験的に実施しているため、この分野のプロジェクトを集中型工業団地に「集める」ことはベトナムは最近、この分野の投資プロジェクトを呼び込み、商品素材の起源の問題を解決し、同時に環境問題を扱い、特に社会保障を保証しました。国の経済のための勢いを作成します。

さらに、繊維部門は環境に一定の影響を与えるため、主要な工業団地は繊維業界の開発を優先して、主要都市中心部から遠く離れた開発地域に焦点を当てるように計画べき原材料と市場の潜在的な供給です。繊維業界をサポートし、工業団地の投資を誘致する工業団地の開発はプロジェクトが法律で規定された技術的および環境的条件を満たしている場合にのみ行われるべきです。