インドネシアは米国企業を中国から移転するように誘致しました

インドネシアは米国企業を中国から移転するように誘致しました

インドネシアは中国で活動している米国企業をこの国に移転する可能性について米国政府と交渉しています。

ルフットパンジャイタンーインドネシアの政治家、航海および投資大臣、工業団地に米国企業のための細分化を提案している。その中はクンダル工業団地、インドネシアチュウブジャワ州クンダル県に位置―特別経済区および是の特典です。他の潜在的な領域はブルべス工業団地、89国家優先プロジェクトのうちジョコウィドド政治家を発達するため選択しました。

パンジャイタンによると約200企業がインドネシアへ移動に関心を示しました。

ウィドド政治家とドナルドトランプ₋アメリカ合衆国大統領を連絡したのち、ルフットパンジャイタンー航海および投資大臣と国際開発金融クラブ(IDFC)の最高経営責任者を打ち合わせました。

Tổng thống Indonesia Joko Widodo và người đồng cấp Mỹ Donald Trump. Ảnh: AP/Reuters.

ジョコウィドドインドネシアの大統領とドナルドトランプ大統領

インドネシアはアジアの国と比較して工業競争力指数(CIP)の国際連合工業開発機関(UNIDO)の利点がありますが、外国直接投資(FDI)を誘致することは困難です。2018年インドネシアのFDI 流入はGDP の1.8%にすぎず、ベトナム、タイ、マレーシアより低かった。

過去、世界銀行(WB)からみるとインドネシアは機械が欠けてしました。2019年10月の時点で米国の貿易戦争が始まって以来、33社のうち中国から生産を移し、23社はベトナムに移しました。残りはマレーシア、タイ、カンボジアが欠けていると述べました。

WB によると“中国から移転する企業は近隣諸国でより歓迎するのでインドネシアを選ばない理由です”。

新型コロナウィル感染症の影響は中国から工場を移転傾向を促進しますが、シティグループにエコノミストによるとインドネシアは再び機会を逃します。経済は中国輸へ輸出のレベルが高いグループより多くの利益を得ます。ベトナム、インド、マレーシア、台湾、タイは短期的に受益者です。