工業不動産を通してlogistics市場発展

ベトナムEU自由貿易協定(EVFTA)は国間の貿易を促進し、logistics市場の回復と発展を促進するのに役立ちます。logistics企業は海外からのFDI流入に備えるための動きを見せています。

新型コロナウィル感染症の流行を成功監査し、そして中国から工業を移転することのでベトナム工業不動産を発展しています。これはベトナムでlogistics運送サービスの急速な増加しています。

米中貿易戦争の影響を回避するために企業は中国から生産及び営業を安定されるための新しい場所を探しています。これはベトナムに世界の新しい生産センターになる機会を与え、常にlogisticsサービスの協力な発展のための不可欠な基本となります。

この機会に港湾の潜在的な利点を持つ多くの州が物流センターの開発計画をすぐに承認しました。特に、ハティン省の人民委員会はブンアン経済区の1/500規模のソンドゥオン港でのlogisticsセンターとlogisticsサービスの計画を承認することを決定しました。

ソンドゥオン港の背後にあるlogisticsセンターの開発は、ソンドゥオン-ブンアン港のクラスターと他の地域をつなぐサプライチェーンの重要な部分です。位置は州の主要なlogisticsセンターであるだけでなく、中央地域のハティン省内のlogisticsセンターとしての役割を確実にするだけでなく、東西経済回廊と接続し、インターナショナル貿易活動を提供しています。

以前はハイフォン市人民委員会が計画No.153/KH-UBNDを発行し、ハイフォン市のlogisticsサービスシステムの開発計画を2025年まで、2030年に向けて実施しました。現在、ハイフォンは北の最大の輸出入ゲートウェイであり、2019年には港を通過する商品の量は約1億3,000万トンに達しました。また、logisticsの分野で多くの企業が活動している地域でもあります。

しかし、ベトナムのlogisticsサービス産業の発展を支援するために、専門家は政府が企業を奨励し、動機けるメカニズムを持つべきであると勧めています。なぜなら、ほとんどのベトナム企業は中小企業であり、大きなパートナーからの顧客にアプローチする場合にはまだ足りず弱くなっています。

その中に特にベトナムはアジアでドイツで2番目に大きい貿易相手国と見なされており、4,000以上のドイツ企業がベトナムに輸出しています。したがって、FDI企業からの注文の誘致を促進するためにベトナムの海運サービス企業は財源、能力の規模、技術レベルの点で多くの重要な要素を追加する必要があります。だけでなく、logistics活動への高い信頼です。

人的資源の評価ベトナムlogistics協会(VLA)のグェン・テゥオン副事務総長は現在、私たちの物流企業は技術力を欠いているが、外国のlogistics企業は彼らは倉庫保管において強い利点を持ってますが、ベトナム企業の輸出販売慣行の技術と原因を把握しているため、外国企業に関連する多くの大きな注文を所有しています。したがって、ベトナム国内のlogistics業界は国内で公平に競争するために、管理と注文管理、特に政府によるlogistics開発改革の具体的なロードマップのサポートにもっと力を注ぐ必要があります。

さらに、VLAはまた配送およびロジスティクスサービスで信頼できる企業をいくつか選択し、税制、金利引き下げ、資本支援などの長期的な戦略を立てられるようにするための政策を策定する必要があると述べました。ローン政府はこの部門を支援するよう他の産業に要求するかもしれません。それに伴いlogistics活動における鉄道輸送の整備が必要です。

google-site-verification=-RzHIPOhaFY6_FeKLVsqs9hjkWLNhQEE837LTRjdFDA Chat qua zalo