工業不動産は中国からの動き波を追いつけ

海外投資家の生産拡大及び動き波はベトナム工業不動産に大きな機会を開きます。

Bất động sản công nghiệp đón ‘sóng’ dịch chuyển từ Trung Quốc

2019年の第2四半期に中国からベトナムのHanwha, Yokowo, Shuafuに工場を移転した後、ベトナムへのFDI流入は米国の貿易戦争の影響に関する懸念ので2019年の最後の数か月間に鈍化しました。

しかし、中国でサプライチェーンの混乱を引き起こした2020年初頭からのCovid-19の発生により、投資家は、タイとベトナム 、インドネシア、ミャンマーでの支店や生産施設の拡張、設置計画への関心を高めています。ス・ヴァン・クオン氏・Savills Vietnamのシニアディレクターによると多国籍企業のヘッジ方法として、生産拠点の一部を中国から移転しました。

ベトナムは人件費が安い東南アジアの他の国よりも若くて移動性の高い労働力を持つ外国企業にとって魅力的な目的地であり続けています。 さらに、インフラストラクチャ-海港、道路輸送システム、水路、倉庫システム-は比較的良好であり、政治情勢は安定しており、世界で最も速い経済成長率も ベトナムにとっての利点です。

Khu công nghiệp Long Hậu

ロンハウ工業団地

ベトナムのもう1つの利点は地理的に中国に近いことです。投資家が生産設備を追加するのは簡単ですが、この14億人口の市場をあきらめる必要はありません。

クオン氏によって、生産施設をベトナムに移す外国企業は、金融、観光、不動産、サービスに投資する機会が増える一方、タイ、インドネシア、香港ではベトナムより制限的投資機会があります。

4月末にベトナムダイレクト証券株式会社の発行したレポートはグーグルとマイクロソフトが一部の生産ラインを中国からベトナムとタイに移転していることも言及されています。2つのグループは第2回半期にPixe4Aスマートフォン、Pixe5スマートフォン、Surfaceコンピューターをベトナムで販売する予定です。

ベトナムの企業所得税率は労働力に加えて現在20%で、シンガポールに次ぐ東南アジアで最も低くなっています。 さらに、工業団地で事業を行う企業はビザ免除、2〜4年の免税、3〜15年の減税、輸入税の免除など、多くのインセンティブを享受しています。

ベトナムダイレクトは北部の工業不動産市場の見通しを予測し、ハイズオンとバックザンの工業団地はバックザン-ランソン高速道路のおかげで開発され、ハノイからの移動に役立つとランソン地域の境界の内部が以前に比べて1時間減少しました。 南部では深海港カイメップ-ティバイとホーチミン市、ドンナイ、ビンズオンを結ぶ高速道路システムが開発に関心を示しているときに、バリア-ブンタウがハイライトになります。

ベトナムダイレクトによれば、Sonadezi チャウドック, Viglacera会社, ㇷオクホア護謨が1,000ヘクタール未満の賃貸可能な有土地を含むビジネスグループは供給時に収益と利益を増加させる多くの機会を持つことになります。 2020年から2021年の期間の土地はまだ限られており、土地のリース要求の数は最も増加します。 特に、キンバック都市開発グループはFoxconnやLGなどのハイテク企業の工場の動きの波から恩恵を受けることができるハイテクエリアにあるクアンチャウ工業団地を所有しています。

ベトナム投資開発銀行証券(BSC)によれば、工業不動産は2021年から自由貿易協定(FTA)の勢いで成長し、 EUとベトナムの自由貿易協定(EVFTA)に基づく制度の改善とビジネス環境の改善に関する取り組みがヨーロッパの投資家にとって大きな誘致となります。

Covid-19は事業を安定させ、従業員を保護するために、予定より早く中国に移動するよう企業に促すことができます。

国内の公共投資プロジェクトが推進されており、インフラは徐々に改善されており、より多くの投資家を惹きつけ、工業団地が長期的に利益を得るのを助けています。

ス・コック・クオン氏は製造業を中国からベトナムに移すプロセスは早くも2021年に行われると語った。彼によると、この期間は企業が倉庫システムを準備し、保管、業務に役立つ必要があり、配送-サプライチェーンでの商品の受け取りです。

しかし、ベトナムが投資を誘致したい場合、ベトナムは競争しなければならないですファム・シ・タン氏-ベトナム農業大学のメコン-中国戦略研究プログラム(MCSS)の社長はベトナムは環境の誘致のためにインドデシア、マレーシア、タイと競争しなければならないと述べました。

「これは簡単ではない。なぜなら、高品質のFDI企業を工業団地に誘致することはベトナムがまだ解決していない多くの長期的な困難に直面しているからである」とタン氏は述べました。

さらに、ベトナムの工業団地のインフラストラクチャは特に南部-工業不動産の供給がゆっくりと増加し-まだ不十分です。不動産投資家も土地資金の速い拡大を望まないためです。工業産の価格を高くになります。

ベトナムには現在熟練した労働力と専門的なスキルが不足しています。 しかし、デジタル経済は、先進国や地域の他の国での急速な技術変化に基づいており、安い労働力、豊富な資源、電力と水が外国資本を誘致するインセンティブに依存している国の誘致を減らすでしょう。

以前、JLLベトナムの第1四半期の不動産レポートは流行の影響を受けた市場にもかかわらず、今年の最初の数か月間のベトナムの工業団地の需要は依然として高いことを示していました。

北部の平均地価は2019年に比べて6.5%上昇し、レンタルサイクルごとに1mあたり99米ドルに達しました。 そして3月末までの工業団地の入居率は72%に達しました。 南部地域では平均土地価格は12.2%も上昇し、土地のリース要件の数が増えるにつれて、リース期間あたり1 mあたり101米ドルに達しています。

その結果、多くの産業用不動産事業は、第1四半期の業績を発表し、前年同期と比較して順調に成長しています。

Sonadezi チャウドック会社の収益は1,210億ドンで、2019年と比較して2.5倍に増加しました。このうち、工業用地リースの収益は3.5倍に増加し、1,300億ドンに達しました。

ロンハウ株式会社も第1四半期を終了し、純売上高は2,600億ドンで、同期間で19.7%増加しました。 特に、土地リース開発インフラストラクチャと既製のワークショップからの収入は、約1,590億に達し、同時期に21%増加し、総収入の77%に貢献しました。 また、工場、宿泊施設の収益も22%以上増加しました。

キンバック都市開発グループの純売上高はほぼ同時期に11%増の5560億ドンに達しました。そのうち84%は、土地のリースと不動産譲渡からの収入です。