米国大使はベトナムのサプライチェーンを引き付ける可能性を高く評価した

ベトナムで米国大使のダニエル・クリテンブリンクさんは最近、ホーチミン市を訪問し、ベトナムは新型コロナウィル感染症の流行によりサプライチェーンを引き付ける潜在的な市場であることを強調した。

「ベトナムは米国企業にとって重要な市場です。新型コロナウィル感染症の流行はサプライチェーン変化など、米国企業にとって課題と機会の両方をもたらすと思います。この変化はベトナムに多くの利益をもたらす可能性がある」とベトナムで米国大使のダニエル・クリテンブリンクを述べた。

また、ベトナムは依然として米国の投資家と貿易にとって非常に重要な市場であると述べました。ハノイにいる彼の友人の何人かは新型コロナウィル感染症が流行する前まえに起こったサプライチェーンの変化を予測しており、この危機の後も加速し続けるでしょう。

ベトナム駐在米国大使、ダニエル・ジ・クリテンブリンクさん

大使は「私によってベトナムはサプライチェーンの変化から恩恵を受けることができると考えています。ハノイで知っていることによると、ベトナムの企業及び当局が利点を獲得したいと考えている」と言いました。

米国企業は依然としてベトナムにおける外国企業の政策と税法を懸念していますが、クリテンブリンク大使はベトナム政府が近年これらの問題を改善するために努力を払ってきたと述べました。

新型コロナウィル感染症の大流行の影響が米国企業の生産工場を中国から移転する傾向があった、グローバルサプライチェーンが中断した期間、クリテンブリンク大使はこれはベトナムにとって好機であると述べました。

加えて、ベトナム法を確実にする必要があり、ベトナムは政策及びインフラを通して外国の投資家と企業が歓迎されること示す必要があります。ベトナムは税政策が透明で公正かつ一貫していること保証する必要があります。

以前、アダムベーラさん・米国の国際金融開発庁(DFC)の事務局長は米国に対してベトナムが地域の今後のプロジェクトにおける「優先パートナー」、米国サプライチェーンの重要な製造業を含むと述べました米国でベトナム大使館ですによる。

google-site-verification=-RzHIPOhaFY6_FeKLVsqs9hjkWLNhQEE837LTRjdFDA Chat qua zalo