米国はベトナムをサプライチェーンにおける協力の優先事項とみなしている

米国はベトナムが米国のサプライチェーンにおける戦略的製品の生産を含む、地域における今後のプロジェクトにおける優先パートナーであると述べました。

6月2日にアメリカでベトナム大使館にワシントンで米国のハ・キム・ゴックベトナム大使と会談した際によると、米国国際金融開発庁(DFC)のAdam Boehler事務局長を述べました。

Boehler氏はDFCはメコン地域の開発プロジェクトの支援にも関心があると述べた。 エージェンシーは、途上国の投資プロジェクト、特にエネルギー、インフラストラクチャー、デジタル経済の分野のプロジェクトをサポートする一連の計画を策定しています。

Mỹ coi Việt Nam là ưu tiên hợp tác trong chuỗi cung ứng

アメリカのベトナム大使ハ・キム・ゴック氏(左)は6月2日にワシントンでBoehler 氏にDFCを提供するために500枚のマスクを与えました。

ゴック大使はベトナムと米国が25年間の外交関係を祝う今年、DFCが関連する活動に引き続き参加することを提案しました。 活動には、ASEAN-米国、ベトナム-地域の投資協力に関する米国会議が含まれます。

Covid-19が中国で発生し、今年初めに世界中に広まったとき、世界的なサプライチェーンは、流行を止めるために制限的な措置をとっている国々から深刻な影響を受けました。 多くの国の企業は、供給を多様化し、リスクを最小限に抑えるために、中国から投資を移転する計画を検討しています。

5月中旬の会議でベトナム政府の代表は流行による困難に加えて、中国からの投資運動が始まったとき、ベトナムはまだ新しい機会を開くことを確認した。 計画投資大臣のグエン・チ・ズンは以前、ベトナムがCovid-19を適切に管理していることは投資環境に良いポイントと述べました。

3月以降、アメリカのアップルは生産を中国からベトナムに移動し始め、量を増やしました。 第2四半期に、ベトナムで約400万個のAirPodが生産されます。 アップルは最近ベトナムで人材を採用し、ベトナムに工場を開設する可能性を高めました。 グーグルとマイクロソフトも中国からベトナムにいくつかの生産ラインを移動しています。 アマゾンやホームデポのようないくつかの大企業はベトナム、インドネシア、タイ、マレーシアなど、この地域の他の国々に次ぐ目的地の1つとして、サプライチェーンの採用と検索を始めています。