2020年~2025年にベトナム工業不動産市場のチャンス

経済専門家によって2020年~2025年期に工業不動産は投資家の良いチャンスです。

ベトナム不動産協会(VNREA)、ベトナム不動産市場は328工業団地が建設し、その中256工業団地が稼働し、72工業団地が建設中、46工業団地が埋めて拡大しています。

この開発することに対して不動産と経済の専門家による、2020~2025年期、工業不動産に投資家の良いチャンスです。

現在、EU投資家と海外投資家はベトナムにlogistic・電子商取引・工業市場の全部可能性の開拓のために国内工業開発者と合弁事業を促進しています。ベトナム工業不動産市場に強く投資する国は中国、韓国、日本とシンガポールです。

現在の工業の土地賃貸価格から移転する予定の海外投資家にとって非常に魅力くしています。具体的には、北部に土地のレンタル価格が88,2米ドル/m2/レンタルサイクル、200万VND/ m2 /リースサイクルに相当します。南部の価格は132米ドル/m2、300万VND / m2/レンタルサイクルに相当します。

既製の工場の場合北部のレンタル価格は約4.8米ドルで、110,000VND以上 / m2 /月に相当します。 南部では、約4.5米ドル、103,000 VND以上 / m2 /月に相当します。

市場の最近の動向は工業用不動産も住宅、賃貸オフィスなどの他の市場に積極的かつ直接的に影響を与えていることを示しています...多国籍企業が工場とオフィスに位置場所に大規模な専門家チーム、労働者を連れていって、そこから将来工業不動産市場が強く買発展すり予想です。

ベトナムの工業用不動産は国際投資家にとって成長について強い信念を築いています。 ベトナムは東南アジアの製造業への投資を誘致する目的地の1つになるために絶え間なく発展してきました。 短期、中期、長期のいずれにおいても、投資家が機会を知っていて、国が市場を奨励、支援、促進する政策を持っている場合、これは非常に良い発展の勢いを持つセグメントになります。 利用可能な可能性に見合った市場開発です。

IIPVIETNAMのドアン・ズイ・フン社長によると2020年に高層ビル、サービスおよびテクノロジー4.0と統合された既成の工場に投資する工業不動産になる予定されています。工業団地を従来のモデルから、近代的な都市部に関連する商業、サービス、ハイテクのクラスターに転換する年です。エコインダストリアルパークと再生可能エネルギーインダストリアルパークの使用を優先する。

ベトナムの工業用不動産は外国投資を誘致するための磁石と考えられており、特にグローバルサプライチェーンの動きが行われている時、アップル、パナソニック、 アマゾン、サムスンなどの海外投資家がベトナムに工場を移転する予定です。

ベトナムは、インドネシア、インド、タイなどの非常に有能な競争相手の前に立っています。そのため、外国の投資資本を引き付ける作業は、機会を失うことなく、同期して迅速に行われる必要があります。