バクニンは海外からFDI資本の備える

最近、経済的は強く発展して、バクニンは投資家内外を公募する場所になっています。中国から他の国まで生産工場を移動する直面して、ベトナム一般、時にバクザンが海外投資家からFDI資本を歓迎する備えています。

必要な移動すること

中国から世界企業のサプライチェーンを移動することはますます明確になっています。Apple, Samsung, Lenovo, Intel…の大企業は生産規模拡大及び絶えず開発しており、1部の工場をベトナムを含む他の国に移転しています。これはベトナム市場の重要性を示しています。

最近、Nikkei Asian Reviewが複数のサプライヤー関係者から得た情報によれば、2020年第2期、ベトナムにおけるAirPods出荷台数は300万〜400万台となり、全体の30%程度に達する見通しです。「ベトナムでアイポットの大量生産は3月に開始された可能性があります。Appleのサプライヤーのために働いて専門家は新型コロナウィル感染症規制が全国提供されてる時、措置が取られた時点でベトナム当局からの入国されて許可されています」を述べました。

Bắc Ninh chuẩn bị đón dòng vốn FDI dịch chuyển từ nước ngoài

多く専門家によって、「ベトナムは発展中し、多くの利点がある:中国に隣接す場所、多くの国際開港の集中…利点供給に関連する問題。さらに、ベトナムは専門的労働力を持って、適正価格です。多くの多国籍企業がベトナムに投資する説得力のある理由です」。

多くの多国籍企業が中国から工場を移転する計画を立ててきた理由の一部は米‐中貿易戦争に起因する経済の不安定さに説明されています。さらに、中国の国内技術企業が外部企業と比較して有利な政策をとっているためです。新型コロナウィル感染症の流行の影響もこの移転の理由でした。

バクニンは海外投資資本を歓迎する備えられます

移転する大規模予想される前はバクニンは海外投資を誘致するために有利な予想を完全に収束させる地域です。「FDIの首都」と呼ばれ、このタイトルを長年にわたって保持してきたバクニンは2020年の下したで中央都市になる準備を続けています。中央都市の商標はその評判を高めます。特に、不動産市場は直接利益もたらします。

現在、バクニンにある大企業:Samsung,Canon,…の以外はAmazon,HomeやDepotなどもベトナムにサプライチェーンを探しています。GoogleはまたGoogle Pixel生産の投資と開発する地域としてバクニンを正式に選択しました。

多く専門家によって:バクニンの工業不動産開発の可能性が巨大です。バクニンの製造業における力強い発展のおかげで、他の不動産分野に大きなな発展の可能をもたらします。多くの工業用および住宅不動産プロジェクトは多数の外国専門家およびエンジニアをバックニンに歓迎する準備ができています。

現在調査による、最近、バクニンに不動産市場はVinGroup,DabacoGroup,HimLamなど多く大企業の存在を認識しており、高級マンションプロジェクトが外国専門家の厳し生活に向けて基準を満たしています。