2020年にベトナム工業不動産市場が激動

2019年の初め以来、工業不動産は協力な発展を遂げ、国内外の多くの投資かを魅力しています。さらに、新型コロナウィル感染症の流行の現在の影響で工業不動産はベトナムのFDI流行の魅力を再度確認しました。

工業不動産の分野の可能性を認識し、多くの企業が2019年以前から工業団の投資を開始しています。2019年以降、外国企業を誘致するための優遇投資政策、ベトナムは日本、韓国、台湾、米国、シンガポール,…の海外投資家にとって理想的な場所になっています。

ベトナムの魅力

計画によると、2020年5月までに、全国は総面積が約201.000ヘクタールと561工業団地があり、そのうち374の建設した工業団地が面積が約114.400ヘクタール、259の未建設の工業団地が約86.600ヘクタールの面積です。大規模な工業団地基金により、ベトナムは海外投資家から投資プロジェクトを引き付けています。

「新型コロナウィル感染症の流行後、ベトナムは回復の見込みが高い経済として浮上しており、営業環境は確実に改善され、世界の安全な場所の目標になり、多くの自由貿易協定を正式に発効します。安定した政治・経済環境のある国は生産と事業活動を円滑に支援し、外的要因の影響を制限です。

豊富な労働力と低人件費はベトナムに工場を設立する海外投資家にとって魅力的な要素です。他の国に比較手ベトナムは人件費が低いおかげで企業が多く費用を倹約します。しかし、ベトナムで高い資格を必要とする多くの職業の要件を満たすには労働の質を迅速に改善する必要があります。

ベトナム政府はFDIを誘致するために多くの投資インセンティブを提供しており、企業がベトナムでビジネスを行うための最も有利な条件を生み出しています。さらに、ベトナムの工業団地に投資する場合、企業は優遇税制、運用前および運用中のサポートを享受します。

ベトナム工業不動産の功績

数年の力強い発展の後で、ベトナムの工業不動産市場は誇り高い功績を上げました。経済政策局(企画投資部)の報告によると2020年3月末までに260工業団地が稼働し、稼働率は約75.7%…。

Samsung、Apple、Honda、Toyata、Canon、Unilever、Panasonicなどの大企業はベトナムを工場の場所として選択しています。Covid-19流行の制御の成功と中国からの工場移転の継続的な傾向はベトナムの工業団地が中国から移動する企業を引き付ける機会です。ただし、できるだけ早くきれい土壌を備えるして、大規模な投資家を惹きつけるために工業団地のインフラ整備をうまく行う必要があるためインフラ整備事業者や投資家が資金を調達できるよう支援する条件を整える必要がある。

ベトナム工業不動産止する制限

労働者のスキルを向上させるための条件を作成するための工業団地の投資家と専門学校うおよび地方自治体との間の相互作用およびリンクは限られています。これを克服するには全国の地域が互いに接続して生産プロセスとビジネスプロセスの同期を作成し、外資系企業が中国からベトナムへサプライチェーンを変化するように誘致するための費用を削減する必要です。

ベトナムの外国投資家に障害は現地労働力、労働力、熟練労働者の不足します。

「州は工業団地が非常に重要あると考ええているので、それらは厳しく管理される必要があります。しかし、厳密に管理すればするほど、開発できなくなる、工業地帯は新しい市場に押し出される必要、市場に押し出される後、自動的に発展します。現在,考え方を変えないと大規模な外国人投資家がベトナムに入国するのを妨げている」とDangHungVo教授・元天然資源環境副大臣による。

住宅用不動産市場とは異なり、工業用不動産投資家は、インフラストラクチャと生産地域に投資するために多額の資本を費やす必要がありますが、投資の収益は少なく、投資家は埋める率をプレッシャーです。

工業地帯に付随するユーティリティサービスはまだ非常に限られており、労働者の生活と生活条件を確保することができません。

ベトナム工業不動産の期待

現在、中国から工場を移転する予定が多いです。インドネシア、タイ、インドには多くの大競争相手がいますが、ベトナムは依然として隣接する地位、低費用を活用し、インフラストラクチャシステムを同期して改善して、 外国人投資家。 このFDI流入の10分の1しか引き付けませんが、ベトナムにとっても成功です。

行政手続きの改革と工業団地計画の承認プロセスは承認とプロジェクトの運用開始までの時間を短縮するために投資家から非常に期待されています。 2〜3年の時は現在として「千年はある」という機会を失います。

工業団地に付随するユーティリティサービスの同期は中心が必要な問題です。 生命が保証されると、開発された工業団地の隣にあるユーティリティサービスは従業員が自分の仕事にもっと固執するのに役立ちます。 これは多くの労働者、特に高度に熟練した労働者にとって魅力です。 住宅、レストラン、付帯サービスのシステムはベトナムの工業不動産のマイナス点であり、変更が必要な問題を提起している。

ベトナム工業不動産市場を情勢把握、世界の企業の需要、IIP VIETNAMは投資促進、法的手続きサポート、ベトナムの工業不動産の投資諮問の分野で信頼できる企業です。投資プロセスは迅速かつ便利に実行するのに役立ちます。私たちは、最も信頼できる情報ポータルとなり、工業団地の投資家や企業の海外投資家を助けることがお互いを簡単見つけます。

州は工業団地が非常に重要あると考ええているので、それらは厳しく管理される必要があるので工業団地が市場に押し出される必要です。